Japanese flagItalian flagKorean flagChinese (Simplified) flagChinese (Traditional) flagPortuguese flagGerman flagFrench flagSpanish flagArabic flagRussian flagGreek flagDutch flagBulgarian flagCzech flagCroatian flagDanish flagFinnish flagHindi flagPolish flagRomanian flagSwedish flagNorwegian flagCatalan flagFilipino flagHebrew flagIndonesian flagLatvian flagLithuanian flagSerbian flagSlovak flagSlovenian flagUkrainian flagVietnamese flagAlbanian flagEstonian flagGalician flagMaltese flagThai flagTurkish flagHungarian flagBelarus flagIrish flagIcelandic flagMacedonian flagMalay flagPersian flag 

このたびの東北地方太平洋沖地震により被災されました方々に対して心よりお見舞い申しあげます。
東北地方の一部地域の配達が可能になりました。また、関東地方の一部地域の発送が出来ません。詳しくは、お問い合わせください。

ラタン
トウ(籐、Calameae)は、ヤシ科トウ族に分類される約600種の植物の総称。トウ属など17属が含まれ、多くはつる植物です。英名のラタンはマレー語に由来します。家具や籠などの材料にされます。
界: 植物界 Plantae
門: 被子植物門 Magnoliophyta
綱: 単子葉植物綱 Liliopsida
亜綱: ヤシ亜綱 Arecidae
目: ヤシ目 Arecales
科: ヤシ科 Arecaceae
族: トウ族 Calameae
性質
東南アジア(インドネシア・ニューギニア・マレーシア・タイ・ミャンマー・フィリピン・ラオス・ベトナム等)、南米(ブラジル・アマゾン流域)、アフリカ(赤道地域)やインド南部、オセアニア諸島(ハワイ諸島等)、オーストラリアの熱帯域に分布します。籐の仲間の多くはココヤシやナツメヤシなどの他のヤシ科植物とはまったく異なる形状を持ち、幹は直径 2-5cm ほどの細いつる状で葉と葉の間隔が広く、他の植物の間を這い上って生長します。外見は竹にも似ているが、内部の構造や生長の仕方はまったく異なります。また籐 にはトゲを持つものも多く、他の植物によじ登る際にかぎの役割を果たします。籐に分類される属のうち、サゴヤシ属 Metroxylon やピガフェッタ属 Pigafetta、 ラフィア属 Raphia などは太く直立した幹をもちます。
利用
籐は曲げに強く、丈夫な素材であるため、様々な用途に利用されています。細く切ったものを編んで家具や籠とするほか、樽板や輻、ステッキ、鞭などにも使用されます。籐製の鞭はシンガポールやマレーシアなどで行われている鞭打ち刑や武術などで使用されています。
いくつかの籐の仲間では、果実から「竜の血」とも呼ばれる赤い樹脂が得られます。昔はこの樹脂には薬効があると考えられており、また木の染料として明るい桃色に染めるのに使われました。
ふつう、丸籐と割籐とにわけられ、丸籐は太民(たいみん)、双棟(そうかん)、三棟(さんかん)、四棟(よつかん)の4種があります。椅子やテーブル の脚、腕木、持送りに用いられます。割籐は丸芯籐(縦編、横編、小物用)、半芯籐(柱巻、縁巻用)、皮籐(椅子やテーブルなどの小物用)の3種あります。ふつう の籐張りには、皮籐が用いられ、編んで座、背、肘などを張ります。座張りは、座枠上端内側を籐の厚み分だけ欠き取り、これに適宜間隔を置いて穴を開け、これに 籐を通し、ふつう2筋縦横筋違いにかごめに組んで編んで、縁部へも取り回して編み上げます。